RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
福禄寿に瓶花文
中心に「福禄寿□」の文字があります。複数の織元で織られたようで、織元によって最後四字目のデザインが違うそうです。しかも“宮”“図”“宝”なんという字かわかりません。

四字目について 図 圖という指摘あり、福禄寿の圖と読む。
ならば・・・。疑問は続く。






author:賀茂茄子, category:文様, 14:30
comments(0), -, pookmark
真ん中の文様
赤穂緞通、精緻で大胆な意匠、それが一番の魅力です。

真ん中の部分だけ切り取ってみました。

先の記事を参考にどれがどれか考えてみてください。

御寮、嵯峨、花十字利剣、五牡丹、蟹牡丹です。


1.


2.


3.


4.


5.
author:賀茂茄子, category:文様, 17:46
comments(0), -, pookmark
十字唐草文
一般的に人気の高い文様です。










author:賀茂茄子, category:文様, 21:01
comments(0), -, pookmark
「御寮」「嵯峨」
名称の説明は各文様の羅列です。

その中でふたつだけ「御寮」「嵯峨」と呼ばれるものがあります。ご挨拶のブログに取り上げたものです。解説書では共通して“この文様の名称の由来は不明であるが・・。”で説明が始まります。

幻の赤穂緞通、わからないことだらけ、皆様情報をお寄せください。




1.御寮







2.嵯峨





author:賀茂茄子, category:文様, 17:08
comments(0), -, pookmark
五牡丹縁龍文 格子菱十字卍文
五牡丹縁龍文

華やかな色使いがすばらしいと思います。






格子菱十字卍文

時間を経ても格子の狂いの無いように織り上げられています。今、実際に織られている方がかなり熟練した織手の仕事だといわれていました。。






author:賀茂茄子, category:文様, 16:55
comments(0), -, pookmark
蟹牡丹文様
いちばんスタンダードな文様のようで、織手にとっては入門のような文様のようです。











author:賀茂茄子, category:文様, 16:45
comments(0), -, pookmark
利剣
幻のといわれる 赤穂緞通 いろいろなデザインが残っています。

その中でも利剣には年末になると注文が増え、

忠臣蔵って呼ばれていた話が残っています。

特産であり芸術の域に達した工芸品と庶民の地元を大切にする

心の両面が垣間見れるようで大好きです。



網利剣





犬利剣(参考写真)



花十字利剣




author:賀茂茄子, category:文様, 21:46
comments(0), -, pookmark